本文へスキップします。

【参】メインイメージ(海老名店)
H1

お知らせ

お知らせ
gankenkoso

■頑健酵素の湯 について

こちらでは、毎週火曜日に開催しています、【頑健酵素の湯 】について、詳しくご説明します!
と、その前に・・・
【温活】という言葉をご存知でしょうか。【〇+活】という造語が次々登場していますね。就活、終活、婚活、妊活・・・などと一緒に【温活】も登場しました。その背景には、「冷え」に悩む女性が多かったことがあるかもしれません。
「冷え」は万病のもとと言われるくらい、体調だけでなく気分までも左右するらしいです。風邪をひきやすくなる、太りやすい体に、お肌がカサカサに・・・などネガティブになりやすい要因をもっています。ところが、体温を1度上げることで、カラダもココロもいい方向に変化します。免疫力が5倍UP、代謝が上がり、お肌ピカピカ、ダイエット効果や血液サラサラも期待できます。
☆いかに効率よく体温を上昇させるかがポイントです。カラダをしっかり芯から温めることが大切です。そのお手伝いをするのが、【頑健酵素の湯】になります☆

頑健(がんけん)とは? 「極めて健康な、頑丈な体作り」などの意味で、全身の血行を良くし、内臓の働きや新陳代謝を促進し、体熱を上昇させます。発汗や排尿を促進する効果があります。
酵素の特徴 1 酵素の構造
タンパク質がミネラルのまわりに巻き付いたものです。酵素の種類は約3,000~5,000とも言われていますが、酵素は一つの種類で一つの働きしかありません。例えば、消化酵素のアミラーゼはデンプンを消化する働きをしますが、他の成分を消化できません。つまり「決まった酵素が決まった成分しか消化しない」ということです。

2 酵素が不足すると
私たちの体の中には一多くの酵素の中で「22種類の酵素」が確認されています。規則的な生活や食生活が乱れていると「必要な酵素」が身体から不足し、食べたものを十分に消化できなくなるといわれています。バランスのとれた食生活をすることにより代謝酵素も消化酵素も不足しない結果を生みます。

3 悪玉菌を減らす
酵素が十分ですと消化や分解がスムーズで宿便もたまりません。また「酵素が十分にあると、腸内洗浄をして悪玉菌を減らしてくれます」このように体には酵素が必要であり、しっかりとっていれば血液がドロドロになることもないと言われています。
頑健酵素とは? 一般微生物酵素は、70℃以上では機能は不可能ですが、頑健水特殊酵素は90℃以上で生育可能な微生物(超好熱菌)です。超好熱菌が産生する酵素タンパクはこのような高温においても変性することなく機能できる熱安定性の高い酵素です。広い温度範囲で長期間使用できることから、様々な新しい技術や産業プロセスへの利用が期待されています。
頑健酵素の湯とは? □火山噴火によって形成された花崗岩山地の湧水成分「特殊酵素」を頑健水と命名
□特殊酵素の触媒作用により少量の成分で温度を体感できる
□有効成分が入浴効果を高め結構を促進する
□還元力があり抗酸化作用がある
□酵素の湯効果が持続する

つまり、【頑健酵素の湯】入浴は、全身の血流を良くして、内臓の働き、新陳代謝を促進して、体熱を上昇させます。発汗や排尿を増やして、冷えにくい体に整えることにより、夏型冷え性体質改善が期待できるのです。

※花泉水研究所より