本文へスキップします。

【参】メインイメージ(瀬谷店)
H1

おふろ

フロアマップ

フロアマップ

  • ① 掛湯
  • ② 白湯
  • ③ 楽腰の湯
  • ④ 快泡の湯
  • ⑤ 超泡の湯
  • ⑥ 至福の湯
  • ⑦ 流泡の湯
  • ⑧ 電鼓の湯
  • ⑨ 掛水
  • ⑩ 涼泉
  • ⑪ 灼熱
  • ⑫ 細泡の湯
  • ⑬ 壷湯
  • ⑭ うたた寝の湯
  • ⑮ ゆめみ処
  • ⑯ ここち湯
  • ⑰ あかすりエステ

おふろ

当店自慢の人工炭酸泉と黒湯温泉が合体!【細泡の湯】

当店自慢の黒湯温泉に炭酸ガスを加えることで「含食塩炭酸泉」を人工的に再現致しました。代表的な「含食塩炭酸泉」はドイツのフランクフルト郊外パートナウハイムです。ここでは150年前から炭酸泉を心不全の治療に用い、今でも多くの心臓病患者が「心臓の湯」として親しみ、利用しています。含食塩炭酸泉は血行が良くなるだけでなく、繰り返しの入浴で血管が柔軟に機能するようになります。当店の黒湯温泉には、もともと微量ながら炭酸が含まれており、装置で炭酸ガスを加えることでより濃い炭酸を味わえます。

特徴その1

良質な黒湯温泉を利用しています!

当店の黒湯温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉です。浸かっているとお肌がツルツルしてくるのが特徴です。また、お湯に含まれる塩化物が肌に付くことで、湯冷めしにくく、別名「熱の湯」とも呼ばれます。

特徴その2

高濃度の炭酸が溶け込んだお風呂です!

炭酸濃度1,000mg/リットル以上!全身が炭酸の細かい泡に包まれます。炭酸が肌から体内に入ると、太い血管から毛細血管まで拡張し、血流量が約4倍になると言われています。血流促進で血流量が増加することによって、多数の効果が期待できます。血流の促進は肌が赤くなることで、視覚的に確認できます。

★炭酸風呂と黒湯温泉で期待できる多数の効果
湯冷めしにくい 温泉に含まれる塩化物が肌に付着することで、湯冷めしにくくなります。炭酸の血管拡張効果による「湯冷めしやすい」という短所を温泉が補います。
血行改善 全身の血管や毛細血管が拡張することにより、血行が改善されます。そのため血流障害によって起こる、冷え性やむくみなど様々な症状の改善が期待できます。
血圧低下 血管が拡張することにより血流がスムーズになり、血圧が下がるために心臓への負担が減ります。そのため心臓の働きの改善が期待できます。
疲労回復 血管の拡張と血流の増加作用により、疲労物質である「乳酸」を効果的に減少させます。そのため速やかな疲労回復、肩こりや腰痛の緩和の効果が期待できます。
美肌 血流の増加作用により、酸素や栄養分が全身のすみずみまで運ばれます。そのため細胞の新陳代謝が活発になり、美肌や肌の老化防止の効果が期待できます。
傷の治癒 温泉に含まれる塩化物により、傷が消毒される効果と炭酸による血流量増加と新陳代謝促進の効果により、傷が治りやすくなることが期待できます。

露天湯

細泡の湯

露天湯

人工の高濃度炭酸泉は、天然の炭酸泉同様に高い入浴効果が期待できます。

壷湯

壷湯

大きな壷のお風呂をひとり占め。ご家庭では味わえない楽しさです。

うたた寝の湯

うたた寝の湯

湯の流れに身をあずけて、すぅ〜っと眠りを誘うような心地よさです。

ここち湯(天然温泉)

ここち湯(天然温泉)

ゆったりと、雲を眺めながらのんびりと天然温泉をお楽しみください。

ゆめみ処

ゆめみ処

ゴロンと横たわって、季節を感じながら入浴に小休止をいれてみましょう。

内湯

掛湯

掛湯

身体を清めるとともに、体に入浴の準備を促します。

なごみの湯

なごみの湯

大きな湯船に全身を投げ出せば入浴効果も一層高まります。

涼泉

涼泉

肌を引き締め、湯冷めも防止します。サウナと交互に入浴することで自津神経も鍛えられます。

灼熱

灼熱

遠赤外線の効果が皮膚の奥まで浸透します。体もこころも新陳代謝した気分です。

艶肌処

艶肌処

爽快感抜群。本格的韓国アカスリです。

楽腰の湯・快泡の湯・超泡の湯・電鼓の湯

楽腰の湯・快泡の湯・超泡の湯・電鼓の湯

楽腰の湯 深めの浴槽に腰掛けて入浴。腰回りからのジェット噴流がコリと疲れを優しくほぐします。
快泡の湯 強い水流が刺激を与えます。脂肪の気になるところに当ててみてください。
超泡の湯 より強力な水流をお腹に当てることにより、内臓機能が活性化されます。
電鼓の湯 疲れとコリをほぐす体に優しい低周波電流の心地よい刺激を体験してください。

至福の湯・流泡の湯

至福の湯・流泡の湯

至福の湯 やさしい泡の穏やかな刺激がリラクセーション効果を生み出します。
流泡の湯 ジェット噴流で、全身のツボをマッサージ。血行を促進し、気分を爽快にします。